« 講習会場のご紹介(玄関)ロボット講習開催 »

ロボット教室 第22軸  ~ロボットの眼力②~        -設定の基本-

ロボット教室 第22軸  ~ロボットの眼力②~        -設定の基本-

パーマリンク 2012/09/08 17:52:42 著者: たかし メール
カテゴリ: メイン

こんにちは『たかし』です。

先日茨城県で人生で初めてヒグラシの鳴き声を聞きました。
あんなに綺麗に鳴くんですねぇ。

カナかなカナかなカナかなカナかなカナかなカナかなカナ


デハコウギヲハジメマス。


前回に引き続いて画像処理を含んだロボットシステムについて
お話をさせていただきます。

画像処理をシステム内に組み込む際の基本的な考え方です。

下の図をご覧ください。


A:カメラ
B:基準位置の教示ツール
C:被写体の基準冶具


簡単に配置してありますけど必要な物はこんな感じです。


では設定手順に進みましょう。

まず、カメラとロボットのコントローラを繋ぎます。
各社方式は様々です。各々の必要なインターフェースをご使用ください。


次に繋いだカメラで被写体の基準冶具を撮影します。
画像処理ソフトのマッチングツール等を使って冶具を見つけます。


カメラで見つけた冶具はここにあるよ。ってロボットに教えてあげなければいけないので
基準位置のツールでティーチングをします。


画像処理ソフトでの位置データとロボットティーチングでの位置データの整合を取ります。
コントローラで計算させたり、外部PLCでデータ処理を行います。


以上の作業でロボットから見たカメラの位置・カメラで検出した対象物の距離等を得ます。



ロボットメーカー・画像処理メーカーが数多くあるので
全てが当てはまるかわかりませんが、ざっくりこんな感じです。


今日はここまでにします。
起立!礼!さようなら~


『第21軸 ロボットの眼力①』へ

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

産業用ロボットに興味のある方や、既に扱われている方を対象に 堅苦しくなく、楽しくロボットの話を進めて行こうというブログです。

  • 全て
  • 講師紹介
  • 過去リンク
  • 動画事例
  • クリーン事例
  • 無人化事例
  • ロボット事例
  • ロボット講習

Facebook

検索

講師プロフィール

【たかし】(主任講師)
S.54.10.08生
スピード系担当


【JIRO】(副講師)
S.54.07.12生
アクション系担当


【カズ】(体育教師)
S.53.01.26生
パワー系担当


【ゆんたく】(学級委員)
S.61.08.30生
スマイル系担当


【JB】(特別講師)
S.47.02.05生
ユーモア系担当

【tny】(博士)
S.48.10.07生
アイデア系担当
無料相談窓口
コスモ技研
ロボットシステム.com
無人化設備.com
コスモ技研ブログ
無料資料請求はこちら

XMLフィード

16ブログ     blog tool