« 【 産業用ロボット特別教育の紹介 】第25軸 ~ROBOGUIDEの使い方①~ »

プログラムの工夫 -その2-

プログラムの工夫 -その2-

パーマリンク 2013/08/24 17:37:43 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

皆さんこんにちは。「JIRO」です。


今日は、前回から引き続きでロボットのプログラムについて
気を付けている事をご紹介します:yes:

まずはおさらい:!::!:

私がロボットのプログラムを作成するときに気を付けている事・・・
以下の3点です。


  ①ティーチングポイントはできるだけ少なく!
  
  ②段取り替えのティーチングレス!!

③シンプルに、見易いプログラム!!!


前回は、①ティーチングポイントはできるだけ少なく!
についてお話しました。


今回は:!:

②段取り替えのティーチングレス!!

        です:!::!::!:



最近は、多品種こなせることが条件になる事がとても多いです88|

せっかくロボットを使うのですから、当然ですよね・・・



   そこで:!:


 我々はいろいろと工夫をする訳です:!::!:

 ワークのサイズチェンジがあっても、タッチパネルで

 「ピピッ:!:」と設定を切り替えるだけで、自動的に対応できる様に:idea:


 段取り替えの度にロボットをティーチング・・・なんて使う人は大変ですもんね:D


 サイズチェンジしたときに、ティーチング位置を自動で補正する計算プログラムを

 考えたり、その計算が反映できる様に基本プログラムの構成を工夫したり・・・

 あの手この手でティーチングレスを実現します:!::!:


 プログラムを考えたり、作ったりする時間は多少増えますが、あとあとで使い易い

 機械になること間違い無し:!::!::!:

 なので、最初にいろいろ頭を悩ませて作り込みます。


 備えあれば憂いなし:!: というわけですね:idea:


では、今日はこの辺で・・・

続きはまた次回です。

ごきげんよう。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

産業用ロボットに興味のある方や、既に扱われている方を対象に 堅苦しくなく、楽しくロボットの話を進めて行こうというブログです。

  • 全て
  • 講師紹介
  • 過去リンク
  • 動画事例
  • クリーン事例
  • 無人化事例
  • ロボット事例
  • ロボット講習

Facebook

検索

講師プロフィール

【たかし】(主任講師)
S.54.10.08生
スピード系担当


【JIRO】(副講師)
S.54.07.12生
アクション系担当


【カズ】(体育教師)
S.53.01.26生
パワー系担当


【ゆんたく】(学級委員)
S.61.08.30生
スマイル系担当


【JB】(特別講師)
S.47.02.05生
ユーモア系担当

【tny】(博士)
S.48.10.07生
アイデア系担当
無料相談窓口
コスモ技研
ロボットシステム.com
無人化設備.com
コスモ技研ブログ
無料資料請求はこちら

XMLフィード

16ブログ     multi-blog engine