ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 18 >>

感電保護(IEC60204)

パーマリンク 2014/12/01 01:12:01 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

こんにちは。 JBです。


いよいよ2014年の最終月(師走)となりましたね。


私は、現在年内出荷設備の調整を行っており、調整三昧の日々が続いています。



さて、今月は感 電 保 護 についてです。


感電から人を保護するには、直接接触、間接接触に対する方策を

しなければいけません。この2つを簡単に説明しますね。


:idea: <直接接触に対する保護>

  1.エンクロージャによる保護(保護等級_IP*X又はIPXX*)

  2.残留電圧に対する保護(電源切離し後の残留電圧放電又は警告文)
 
  3. 人が届かない場所に配置(充電部に無意識に接触を防止)


:idea: <間接接触に対する保護>

  1.接触電圧の発生を防止(電気機器のクラスによる絶縁)

  2.危険接触電圧になる前の電源自動遮断(漏電遮断機)



電気設計する際、気を付けたい規格(IEC60204)でもあります。



※ 師走とは、太陰暦12月の日本での異称で、忙しくて師匠も走ると言ういわれから
  太陽暦が使われいて現在でも、12月のことを師走と表現するそうです。


.

ロボットのビジョンシステムについて

パーマリンク 2014/11/30 23:33:40 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

皆様こんにちは、JIROです。


2014年も残すところあと1ヶ月!!
すっかり寒くなり、【冬】という感じになってきました。


今日はスタッドレスタイヤに履き替えました。明日から出張なので、この地域はまだ雪の気配はありませんが念のため装備です…
タイヤ運びしんどかった〜〜


さてさて、今日は、ロボットを画像処理で位置補正させるときのお話です。


最近は、キャリブレーションが高精度に出来る機能を搭載しているロボットメーカーさんもあり、初期設定は非常にお手軽になってきています。


が、しかし!
やはりレンズの歪み等の都合で、視野の中心付近は精度が良いけど、外側にいくに従って少しずつ誤差が出るような現象はどうしても発生すると思います。
(その辺の詳しいことは割愛しますが)


そこで、私はその誤差をプログラムで細工して吸収するという手を使う事があります。
例えば、視野中心でのズレが0で、中心から何ミリ離れると何ミリズレるか…という事を実際の画像とロボットの動きを見て、誤差を修正する計算式を作るんですね。
(詳細はナイショにしときます)

完全に誤差を修正することは出来ませんが、ハンドリング用の補正としては十分な効果があります。


とまあ、一見何事も無くロボットが画像で位置補正しているように見えても、結構いろいろ細工されてたりするんですね〜。


ロボットメーカーさんはユーザーフレンドリーな簡単な立ち上げや設定機能を準備してくれて、敷居は下がってきていますが、こういう現場でやるノウハウはまだまだ必要だと感じます。


まだまだ腕を磨かなくては・・・!


ではまた、
次回お目にかかるまで・・・

いまさら聞けない安全用語

パーマリンク 2014/11/01 11:11:11 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

こんにちは。JBです。

朝夕冷え込む季節になりましたが今年も残り2ヶ月で終わりですね。


皆さん、お忙しい時期だとは思いますが
労働安全について、いまさら聞けない用語を紹介します。


【フールプルーフ】&【フェールセーフ】について簡単に説明します。


皆さんの職場での労働安全における流れは、安全教育、KY活動とソフト面での


安全対策に加えて、リスクアセスメント、安全防護策(柵、安全プラグ、ライトカーテン)の


ハード面で行われていますよね。このハード面対策の事を『フールプルーフ』


人のミスを防ぐ対策の事を言います。


又、必ず事故、操作ミス、人災は起こるものとし、生じた際に安全な方向に導くという


基本設計思想を『フェールセーフ』と言います。


ちなみに、事故を発生させない設計思想は『フォールトトレラント』と言いいます。



一度は耳にした事はあるかと思いますが、設計段階から、誰が作業しても、怪我、


操作ミスの無い設備を提供する事は一番重要かと思いますが、


事故は必ず起きる、絶対安全はあり得ないという


前提こそ、安全の第一歩であると思います。



では、また。

ゲンコツロボット

パーマリンク 2014/10/31 01:30:11 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

皆さんこんにちは〜。JIROです!
季節はもうすっかり秋という感じになって参りましたね。


私は夏の暑いのが大好きなので、今年は少し物足りなさを感じているところです・・・


さてさて、そんな今日この頃ですが、先日、ファナックさんのパラレルロボット 【ゲンコツロボット】を使う装置の打合せに出掛けて来ました!


ゲンコツロボットの特徴を活かした、スピード感のあるワーク移載装置です!!


久しぶりのゲンコツ・・・
私がゲンコツロボットを操作した感想は、やはり「速い」というのが一番です。
多関節ロボットと比べると、速さが段違いという実感です。
操作自体はいつもいじっている多関節ロボットと同じなので楽々です!


動きが速いので、ぶつけない様に気を付けて作業しなくては。(いつも気を付けてますが)


腕が鳴ります!!


ではまた、次回、ご期待下さい。

ロボットと協調(その2)

パーマリンク 2014/01/17 22:00:00 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

こんにちは。JBです。


労働安全衛生規則 第150条4の条文解釈の見直しされました。


条文:『当該産業用ロボットに接触することにより
     労働者に危険が生ずるおそれのあるときは、
      さく又は囲いを設ける等当該危険を防止する為に
              必要な措置を講じなければならない』


モータ出力80W超の産業用ロボットの稼働に際し、


安全柵の設置を求める現行法の条文解釈を見直し,


ロボットユーザーがリスクアセスメントにもとづく


適切な安全対策を講じた場合、あるいはロボットメーカーと


ユーザーが国際安全規格に 準じた安全対策を施した場合は、


安全柵と同等の措置を施したと解釈することを2013年12月24日付で


明確化したようです。


人とロボットの協調作業に一歩前進!!


.

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 18 >>

産業用ロボットに興味のある方や、既に扱われている方を対象に 堅苦しくなく、楽しくロボットの話を進めて行こうというブログです。

  • 全て
  • 講師紹介
  • 過去リンク
  • 動画事例
  • クリーン事例
  • 無人化事例
  • ロボット事例
  • ロボット講習

Facebook

検索

講師プロフィール

【たかし】(主任講師)
S.54.10.08生
スピード系担当


【JIRO】(副講師)
S.54.07.12生
アクション系担当


【カズ】(体育教師)
S.53.01.26生
パワー系担当


【ゆんたく】(学級委員)
S.61.08.30生
スマイル系担当


【JB】(特別講師)
S.47.02.05生
ユーモア系担当

【tny】(博士)
S.48.10.07生
アイデア系担当
無料相談窓口
コスモ技研
ロボットシステム.com
無人化設備.com
コスモ技研ブログ
無料資料請求はこちら

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software