カテゴリ: メイン

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 16 >>

2016年  ” 申 ”

パーマリンク 2016/01/01 20:16:01 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

明けましておめでとう御座います



旧年中は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。


本年2016年も皆様が健やかで喜びにあふれる1年になりますよう。


何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう。


JBより

ロボットのシミュレーション

パーマリンク 2015/04/18 11:06:07 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

みなさまこんにちは、JIROです。


もう4月中旬ですが、なかなか暖かくならない気がします。
いつもは、4月だとわりと薄着になっていたのですが、今年は
まだまだ冬用装備が手放せません。


早く暖かくならないかな~~



さて、今日はロボットのシミュレーションについて。


我々コスモ技研では、ロボットを中心とした自動化設備をつくるとき、
3DCADで作った設備レイアウトを、ロボットのシミュレーションソフトに
配置して、その中で動作確認や干渉の確認をしながら、プログラムを作成
します。


シミュレーションソフトでは、プログラム作成はもちろん、画像処理がある
場合は、カメラを配置して、実機さながらの設定で確認ができます。



こういった機能を駆使して、現場に行ったらあっという間に(?)
立上げて、その分、設備の機能確認に時間を掛けて良いものに
仕上げるのです!!


もう、シミュレーションソフトと3DCADは手放せません。
画像は、ファナックさんのROBOGUEDEの例です。







ではまた・・・

セイフティレーザスキャナ

パーマリンク 2015/04/01 04:06:49 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

こんにちは。JBです。


今月はセイフティレーザースキャナについてお話します。


先月の「マットスイッチ」に続く危険領域内の安全対策となります。



□セイフティレーザスキャナとは□


危険領域内に人が入り込めるような場合、安全ドアスイッチやセイフティライトカーテンでの


進入を検知するだけでは不十分なときに使用し、特定の領域を2次元的に検出するのが


セイフティレーザスキャナです。


レーザスキャナはレーザ光をスキャンさせその反射光を受光器で検知しモニタする事で


領域の安全を監視するもので、タイム・オブ・フライト(TIME_OFF_FLIGHT)原理の


レーザ測定システムとなります。


よく見かけるメーカさんは、KEYENCE、SICKですよね。



安全確保をするには機械単体だけではなく、作業環境自体も安全対策は


必要だと言う事になります。



では、また。


.

コスモマン!

パーマリンク 2015/03/26 08:31:59 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

皆さんこんにちは、JIROです。


少し暖かくなってきたと思ったら、また冬に戻ったように寒くなったり、
気温の変化が大きいこの頃です。
体調を崩さないように気を付けましょう!!


さて、今日はロボットの話はちょっと休憩させてもらって、コスモマンの話です。


そもそも、コスモマンとは・・・??






***************************************

コスモ技研で生まれたクリーンFA、無人化設備、
ロボットシステム全般の問題を解決する
プロフェッショナルであり、


当社の看板キャラクターです。


今後の御社のお悩みを解決する、当社のスタッフと
同じく信頼のおける仲間です。

***************************************



2012年に誕生し、活躍していましたが、






2014年にリアルにパワーアップ!!!






今後も皆様のために大活躍してくれますので、
どうぞお見知りおきを・・・・

ロボットとPLCについて

パーマリンク 2015/03/10 07:34:51 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

みなさまこんにちは、JIROです。


今日は、ロボットとPLCの通信について。

産業用機械は、多くがPLCで制御されていると思います。
我々コスモ技研の設備も、PLCで全体を制御します。
(コンベアのモータや、エアシリンダ、サーボモータ・・・等々)


ロボットは、専用のコントローラがありますので、ロボット自体の
制御はロボットコントローラにプログラムを書いて、実行させます。


そして、全体の制御をするPLCからロボットコントローラに信号を
出したり、もらったりする事で、ロボットの起動、停止や、作業の
指示等を行い、設備の中の一員として仕事をしてもらいます。


その通信方法には色々な形態があります。
信号1つ1つに直接電線で配線する方法や、CC-LinkやDeviceNetと
いったFA用のネットワークを使用する方法・・・等。


最近は、省配線のFAネットワークが多い様な気がします。
ボクは、CC-Linkを使用する事が多いのですが、
最近はEtherNetの通信仕様を使ったFAネットワーク、
EtherNet/IPというものが出てきています。


EtherNet技術を使用しているので、FA用の機器と、様々な
汎用EtherNet機器を混在させて使用できるので、とても便利みたい・・・


というわけで、ちょうど今、設計している設備に採用してみる事にしました。


便利なものはどんどん取り入れて、最先端のロボットシステムを目指すのです!!



というわけで、設計がんばります。。。


ではまた・・・

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 16 >>

産業用ロボットに興味のある方や、既に扱われている方を対象に 堅苦しくなく、楽しくロボットの話を進めて行こうというブログです。

  • 全て
  • 講師紹介
  • 過去リンク
  • 動画事例
  • クリーン事例
  • 無人化事例
  • ロボット事例
  • ロボット講習

Facebook

検索

講師プロフィール

【たかし】(主任講師)
S.54.10.08生
スピード系担当


【JIRO】(副講師)
S.54.07.12生
アクション系担当


【カズ】(体育教師)
S.53.01.26生
パワー系担当


【ゆんたく】(学級委員)
S.61.08.30生
スマイル系担当


【JB】(特別講師)
S.47.02.05生
ユーモア系担当

【tny】(博士)
S.48.10.07生
アイデア系担当
無料相談窓口
コスモ技研
ロボットシステム.com
無人化設備.com
コスモ技研ブログ
無料資料請求はこちら

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software