カテゴリ: メイン

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 16 >>

【 産業用ロボット特別教育の紹介 】

パーマリンク 2013/08/28 07:07:07 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

こんにちは。JBです。


今回は、弊社の産業用ロボット講習を改めて紹介します。:p



弊社では、実際の納入設備に沿った講習ができますので


納入後も安心してロボットを使用して頂けます。


又、インストラクターの免許所有者は5名おり講習講師は


なんと実際納入される設備担当者が行いますので


弊社ロボット教育には下記特徴があります。


・実際納入されるロボットで講習ができます。
・プログラム詳細まで細かく説明します。
・納入設備のティーチングノウハウを教えます。
・受講者レベルにあった講習内容(理解できるまで教えます)
・経験豊かな講師陣
・綺麗なラボで講習ができます。
・受講料もお得です。(昼食無料、ドリップコーヒー付き)
・携帯型修了書がもらえます。


      下記 クリック

         ↓




.

プログラムの工夫 -その2-

パーマリンク 2013/08/24 17:37:43 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

皆さんこんにちは。「JIRO」です。


今日は、前回から引き続きでロボットのプログラムについて
気を付けている事をご紹介します:yes:

まずはおさらい:!::!:

私がロボットのプログラムを作成するときに気を付けている事・・・
以下の3点です。


  ①ティーチングポイントはできるだけ少なく!
  
  ②段取り替えのティーチングレス!!

③シンプルに、見易いプログラム!!!


前回は、①ティーチングポイントはできるだけ少なく!
についてお話しました。


今回は:!:

②段取り替えのティーチングレス!!

        です:!::!::!:



最近は、多品種こなせることが条件になる事がとても多いです88|

せっかくロボットを使うのですから、当然ですよね・・・



   そこで:!:


 我々はいろいろと工夫をする訳です:!::!:

 ワークのサイズチェンジがあっても、タッチパネルで

 「ピピッ:!:」と設定を切り替えるだけで、自動的に対応できる様に:idea:


 段取り替えの度にロボットをティーチング・・・なんて使う人は大変ですもんね:D


 サイズチェンジしたときに、ティーチング位置を自動で補正する計算プログラムを

 考えたり、その計算が反映できる様に基本プログラムの構成を工夫したり・・・

 あの手この手でティーチングレスを実現します:!::!:


 プログラムを考えたり、作ったりする時間は多少増えますが、あとあとで使い易い

 機械になること間違い無し:!::!::!:

 なので、最初にいろいろ頭を悩ませて作り込みます。


 備えあれば憂いなし:!: というわけですね:idea:


では、今日はこの辺で・・・

続きはまた次回です。

ごきげんよう。

第25軸 ~ROBOGUIDEの使い方①~

パーマリンク 2013/08/20 17:46:51 著者: たかし メール
カテゴリ: メイン

こんにちは『たかし』です。


今回からあまりネット上には転がっていない、FANUC社のオフラインシミュレーションソフト
『ROBOGUIDE』について色々と書いてみようと思います。


序盤はROBOGUIDEを導入されて間もない方や、現在ご検討中の方向きの内容になると思います。
バンバンROBOGUIDEをご使用の方は『ああこんな方法もあるんだね』程度に
ご覧くださいm(_ _)m


今回はロボットに持たせるツールの設定についてです。
まずはROBOGUIDEを立ち上げて使うロボットの仕様を決めてロボットを
画面に表示させます。


もちろん何も持っていないロボットが表示されます。

次に下の図の赤丸部をクリックして『セルブラウザ』を表示させます。



このツリーの中に表示される『ツール』-『UT:(Eoat1)』をダブルクリックします。(例)


そうすると下の図が表示されます。



このウィンドウでツールは何を使うか、ツールの基準点はどうするかなどの設定を行います。


あれこれ設定を行うと下の図の様になります。



ロボットにツールを持たせる事が出来ました。
このツールを基本にしてオフラインでのティーチングを
進める事となります。

ツールの設定はこのくらいにして次回は座標系の設定についてお話ししますね。



今日はここまでにします。
起立!礼!さようなら~

初登場の学級委員!(産業用ロボットのヒヤリ編)

パーマリンク 2013/08/14 19:03:47 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

失礼します!

はいさい!こんにちは~!
学級委員のゆんたくで~す:))


初めて『ロボット教室』に顔を出しました:roll:


簡単にですが、自己紹介をさせて頂きます。


①コスモで最年少。
②本職はメカ設計。
③ロボットとは、弊社のラボで時々、仲良くテストを行っています。


さて、今回はいつもは仲の良いロボットが、たまに不機嫌になる時の話をします。


テストでロボットを自分の好きな位置に動かしたく、手動でティーチングを
行っていました。一通り、やりたかったテストを終え、
さて元にの位置に戻そうとプログラムを走らせた時・・・;)


なんと・・・。なにが起こったと思います・・・?なんとですね・・・


ロボットがプログラムには無い軌跡を通り、早いスピードで元の位置に
戻ったのです。ペンダントを持っていた私は「ヒヤリ!」としました。
まぁ、ロボットは安全のために離れて触るようにと日頃から教育を
受けていたため、ヒヤリとしただけで済みましたが、教育を受けたから
大丈夫という、油断が一歩間違えると・・・:'(です。


その後、原因を聞いたのですが、
『プログラムには無い位置(自分で好きな位置に動かした後)から
原点復帰のプログラムを走らせると、予想が出来ない軌跡
(ロボット自身が一番動き易い軌跡)で戻る』と改めて注意を受けました。
(ゆんたく反省・・・)


皆さんもロボットを触る時は、怒らせないように仲良くして下さいね;)

第24軸  ~ロボットの教育②~

パーマリンク 2013/08/14 07:54:49 著者: たかし メール
カテゴリ: メイン

こんにちは『たかし』です。
おかげさまでこのブログのアクセス数もグングン増えています。
何とか止まらずに続けていきたいものです。


今回はロボット教育についてです。バックナンバーが記事最下部にあるので
気になる方は見てください。


産業用ロボットを扱う際には相応な知識や心構えが必要です。


今回は知識の方に触れてみます。
私共がインストラクターとして、ロボットを扱いたい人に教育を行うわけですが、
基準としてあるのは『労働安全衛生規則第36条第31号および32号』に規定されている
内容となります。


内容を要すると『ロボットに動作を教えたり、動かしたり、グリス交換などのメンテナンスを
行う人にはしっかり教育しなさいね』という事です。


そして動作を教える(教示等)、動かす(運転中の危険の防止)、メンテナンス(検査等)は
それぞれ第150条の3,4,5で規定されています。


産業用ロボットに関わる法令はまだまだたくさんありますので、
少しずつ書いていこうと思います。


今日はここまでにします。
起立!礼!さようなら~


バックナンバー
第14軸『ロボットの教育①』



※もし記事がいいと思って頂けたら記事タイトル『第○○軸・・・』をクリックして
ページ最下部の『いいね!』ボタンを押して頂けると嬉しいです。(PCしかできないみたいですけど(-_-;))

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 16 >>

産業用ロボットに興味のある方や、既に扱われている方を対象に 堅苦しくなく、楽しくロボットの話を進めて行こうというブログです。

  • 全て
  • 講師紹介
  • 過去リンク
  • 動画事例
  • クリーン事例
  • 無人化事例
  • ロボット事例
  • ロボット講習

Facebook

検索

講師プロフィール

【たかし】(主任講師)
S.54.10.08生
スピード系担当


【JIRO】(副講師)
S.54.07.12生
アクション系担当


【カズ】(体育教師)
S.53.01.26生
パワー系担当


【ゆんたく】(学級委員)
S.61.08.30生
スマイル系担当


【JB】(特別講師)
S.47.02.05生
ユーモア系担当

【tny】(博士)
S.48.10.07生
アイデア系担当
無料相談窓口
コスモ技研
ロボットシステム.com
無人化設備.com
コスモ技研ブログ
無料資料請求はこちら

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software