カテゴリ: メイン

ページ: << 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 16 >>

ロボット教室 ~休憩時間~ コスモ技研について②     <構想設計から詳細設計>

パーマリンク 2013/03/12 17:56:41 著者: たかし メール
カテゴリ: メイン

こんにちは『たかし』です。

先回に引き続いてわが社の紹介をします。
今回はお客様からの引き合いから詳細設計に入るまでの流れをお話しします。


まず設備を作りたいお客様が『コスモさん、こんな設備でこんだけ生産できて
これぐらいのお金でなんとかしてくんない?』という感じで
ウチの営業のメンバーにお話があります。

すると営業のメンバーが技術部(機械設計)のメンバーに相談します。
営業や機械設計のみんなで『これをこうしてこうやったらいけるねぇ』となるまで
話し合います。


ある程度構想が固まると今度は技術部のメンバーから制御システム部のメンバーに
『こんな設備作るんだけどこういう時こう動かしたり、
こういうデータを集めたいんだけどできる?』という感じで話がきます。


僕はこの制御システム部に所属していて、技術部のメンバーはほぼ年上の先輩なので、
『できる?』と聞かれると嫌でも嫌とは言えません(笑)

ざくっとですが大体こんな流れで詳細の設計が始まります。

ではまた次回まで_(._.)_

ロボット教室 ~休憩時間~ コスモ技研について

パーマリンク 2013/02/25 07:33:11 著者: たかし メール
カテゴリ: メイン

こんにちは『たかし』です。
しばらくの放置恐縮です_(._.)_

先日まったく異業種の方から『コスモさんてどんなお仕事されてるんですかぁ?』と
聞かれました。

システムインテグレータ?システムエンジニア?

産業界の事をご存じない方にはどう説明すればいいだろう??
ものすごく焦りました((+_+))

という事もあってコスモ技研が行っている業務を説明致します。

では次回から(^o^)丿

産業用ロボット特別教育修了証

パーマリンク 2013/01/15 18:57:15 著者: robot メール
カテゴリ: メイン

リンク: http://www.cosmo-gi.com/img/card.gif

お久しぶりです。


JBです。


この度、産業用ロボット特別教育修了証がガードになりました。


弊社でロボット講習を受講されたに方には、送付させて頂きましたので


財布などに入れ、携帯して頂けるとよいと思います。

 
ご安全に!!

ロボット教室 第22軸  ~ロボットの眼力②~        -設定の基本-

パーマリンク 2012/09/08 17:52:42 著者: たかし メール
カテゴリ: メイン

こんにちは『たかし』です。

先日茨城県で人生で初めてヒグラシの鳴き声を聞きました。
あんなに綺麗に鳴くんですねぇ。

カナかなカナかなカナかなカナかなカナかなカナかなカナ


デハコウギヲハジメマス。


前回に引き続いて画像処理を含んだロボットシステムについて
お話をさせていただきます。

画像処理をシステム内に組み込む際の基本的な考え方です。

下の図をご覧ください。


A:カメラ
B:基準位置の教示ツール
C:被写体の基準冶具


簡単に配置してありますけど必要な物はこんな感じです。


では設定手順に進みましょう。

まず、カメラとロボットのコントローラを繋ぎます。
各社方式は様々です。各々の必要なインターフェースをご使用ください。


次に繋いだカメラで被写体の基準冶具を撮影します。
画像処理ソフトのマッチングツール等を使って冶具を見つけます。


カメラで見つけた冶具はここにあるよ。ってロボットに教えてあげなければいけないので
基準位置のツールでティーチングをします。


画像処理ソフトでの位置データとロボットティーチングでの位置データの整合を取ります。
コントローラで計算させたり、外部PLCでデータ処理を行います。


以上の作業でロボットから見たカメラの位置・カメラで検出した対象物の距離等を得ます。



ロボットメーカー・画像処理メーカーが数多くあるので
全てが当てはまるかわかりませんが、ざっくりこんな感じです。


今日はここまでにします。
起立!礼!さようなら~


『第21軸 ロボットの眼力①』へ

ロボット教室 第21軸  ~ロボットの眼力①~        -画像処理との融合-

パーマリンク 2012/08/31 17:15:57 著者: たかし メール
カテゴリ: メイン

こんにちは『たかし』です。


久しぶりの更新です。楽しみにしてくださってるたくさんの(?)方々すみませんm(_ _)m



今回からしばらくロボットと画像処理を組み合わせたシステムのお話をしようと思います。


ロボットと画像処理を組み合わせるとは簡単に言うとロボットにカメラをくっつけるという事です。


ロボットを買ってきてもロボット本体には基本的にカメラは付いてきません。
オプションや他の専門メーカーで買う事となります。


カメラを持たないロボット達は目隠しをして作業している様なイメージです。
ただそんなロボット達はすごく神経が鋭くて、自分の腕や手で作業する位置を自分で覚えます。


目隠ししていても十分作業をこなしてくれますが、
そんな優秀なロボット達の目隠しを外してやると見えるようになった事で自分で考えて、
今までできなかった「決められた位置以外の移動」や「作業対象が多く変わる設備」に
対応できるようになります。



生産現場の多品種少ロット対応に強い味方となります。


ロボットと画像処理を組み合わせると色々と非常に便利です。
既に採用されている方も多くいらっしゃると思います。

次回はロボットにカメラを載せた後の設定の基本概念のお話をしようと思います。


今日はここまでにします。

起立!礼!さようなら~


<『第20軸:ロボットの周辺①』へ        『第22軸:ロボットの眼力②』へ>

<< 1 ... 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ... 16 >>

産業用ロボットに興味のある方や、既に扱われている方を対象に 堅苦しくなく、楽しくロボットの話を進めて行こうというブログです。

  • 全て
  • 講師紹介
  • 過去リンク
  • 動画事例
  • クリーン事例
  • 無人化事例
  • ロボット事例
  • ロボット講習

Facebook

検索

講師プロフィール

【たかし】(主任講師)
S.54.10.08生
スピード系担当


【JIRO】(副講師)
S.54.07.12生
アクション系担当


【カズ】(体育教師)
S.53.01.26生
パワー系担当


【ゆんたく】(学級委員)
S.61.08.30生
スマイル系担当


【JB】(特別講師)
S.47.02.05生
ユーモア系担当

【tny】(博士)
S.48.10.07生
アイデア系担当
無料相談窓口
コスモ技研
ロボットシステム.com
無人化設備.com
コスモ技研ブログ
無料資料請求はこちら

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution free blog software